よくあるご質問

FAQ

一般

アクティブウェーブの事業内容は?

当社の事業内容は、以下機器の企画、開発、製造および販売です。
当社は、アップルやユニクロ、キーエンス、任天堂などと同じファブレス経営で、自社では工場を持たず、当社が企画・開発した商品を外部の工場に製造を委託し、当社が販売を行います。

・光学機器
・マイクロスコープ機器
・画像処理機器、研究・開発用解析機器
・測定器、制御・計測機器
・非破壊検査機器

直販は行っていますか?

当社では、直販と販売店経由による販売をともに行なっています。
直販とは、当社とエンドユーザーが直接的に商品サービスを取引することを指します。
販売店などを間に挟まないことによって、中間マージンを省くことができますので、購買価格を安く抑えられるメリットがあります。
そのほか、直販には以下のメリットがあります。

・価格競争力を高められる
・営業ノウハウを蓄積できる
・消費者ニーズを把握できる
・効果的なアフターサービスができる
・新商品・サービスの開発につなげられる

もちろん、物件情報のご提供や取引口座などの理由により、販売店による販売も可能ですので、状況に応じてフレキシブルに対応いたします。

代理店はありますか?

当社では、特定の代理店や販売店は設けておりませんので、エンドユーザーとの直接取引が可能です。
また、物件情報のご提供や取引口座などの理由により、販売店による販売も可能ですので、状況に応じてフレキシブルに対応いたします。

リースはできますか?

当社製品については、購入によるご導入のほか、リースによるご導入も可能です。
リース(賃貸借契約)とは、お客様が選定された設備機器を、リース会社がお客様に代わりメーカーから購入し、その設備機器をお客様に一定期間(法定耐用年数に応じた期間)賃貸する契約システムです。
リースでは、一度にまとまった資金が不要なので、予算の確保が容易であったり、事務処理負担が軽減できるなどのメリットがあります。

リース
●リース期間:通常60カ月(5年)
●リース会社:オリックス株式会社、三井住友ファイナンス&リース株式会社、三菱UFJリース株式会社、芙蓉総合リース株式会社、リコーリース株式会社ほか
※上記および上記以外のリース会社で、お客様が普段取引されているリース会社がございましたら、ご契約まで短時間でスムーズに進行します。

レンタル
●レンタル期間:原則12カ月~60カ月(1年~5年) *1カ月単位で自由に設定可能
●レンタル会社:オリックス・レンテック株式会社
オリックス・レンテック株式会社のLレンタルについてはこちら

デジタルマイクロスコープ

アクティブウェーブのデジタルマイクロスコープの強みは?

アクティブウェーブウェーブのデジタルマイクロスコープの強み

●業界屈指の高パフォーマンスながら、同等性能で半額以下という圧倒的なコストパフォーマンスの高さを実現しています。
●エントリー、ベーシック、スタンダード、ハイエンドの各仕様より、お客様のご要望に合わせ最適な構成を当社専門スタッフがコンサルティングによりご提案しますので、高い顧客満足にコミットします。
●後からオプションの追加や拡張も自由に行えますので、ベーシックから、スタンダードやハイエンド仕様などへ必要に応じて適時アップグレードも可能です。
●一般民間企業のほか、国・公・私立大学、独立行政法人、大学共同機関法人、官公庁等に累計で2,000社以上の納入実績があります。

デジタルマイクロスコープはどんな業界に納入されていますか?

当社デジタルマイクロスコープは、●機械・精密機器 ●電子部品・半導体 ●自動車・輸送機械 ●航空 ●自動車部品 ●化学・繊維 ●材料・素材 ●鉄鋼・金属 ●建材・ガラス ●医療機器 ●医薬品・化粧品 ●食品・飲料 ●プラント ●パルプ・製紙業界 などの一般民間企業のほか、国・公・私立大学、独立行政法人、大学共同機関法人、官公庁などに幅広く納入実績がございます。

当社納入実績についてはこちら

デジタルマイクロスコープと光学顕微鏡の違いは?(デジタルマイクロスコープの利点)

デジタルマイクロスコープと光学顕微鏡の違い

●多人数による同時観察が可能
光学顕微鏡は、通常、接眼レンズを直接覗いて肉眼で観察します。
一方、デジタルマイクロスコープは、デジタルカメラにより拡大画像をモニタに映し出して観察します。
これにより、長時間の観察でも目が疲れにくいという点や、多人数による同時観察が可能となり、情報共有がはかりやすいという利点があります。

●被写界深度が深い
デジタルマイクロスコープは、光学顕微鏡に比べ、被写界深度が深いという利点があります。
被写界深度とは、ピントの合う幅のことをいいます。
被写界深度が深いと、凹凸のある対象物を観察しても、ピントの合う範囲が広いので、観察しやすいというメリットがあります。

●観察距離が長い
デジタルマイクロスコープは、光学顕微鏡に比べ、観察距離が長いという利点があります。
観察距離とは、ワーキングディスタンス(WD)ともいい、対物レンズの先端から対象物までの距離のことをいいます。
観察距離が長ければ、対象物の奥まった箇所を観察でき、また、マルチアングルスタンドなどによりレンズを傾けて観察する場合でも、レンズが対象物やステージなどに接触することなく観察できます。

●ズームレンズにより最適な倍率でストレスなく観察が可能
光学顕微鏡は、一般的に、レボルバ式の固定レンズとなります。
レボルバ方式とは、固定レンズを数本取り付け、回転によりレンズ倍率を切り替える方式をいいます。
レボルバ式では、通常、レンズごとに観察距離が異なることが多く、倍率を変更する度に、位置合わせやピント調整が都度必要となります。
一方、デジタルマイクロスコープは、ズームレンズを採用しています。
ズームレンズは、ズームダイヤルを回転することにより、同じ中心位置で焦点を合わせたままレンズ倍率を可変できます。
また、ズームレンズは、例えば125倍~1500倍など、対物レンズ1本でズーム比が12倍比と非常に広く、また倍率のブランク(空白エリア)もないので、最適な倍率でストレスのない観察が可能です。

詳しくは、デジタルマイクロスコープとは をご参照ください。

ビデオスコープ

工業用ビデオスコープとファイバースコープの違いは?(工業用ビデオスコープの利点)

工業用ビデオスコープとファイバースコープの違い(工業用ビデオスコープの利点)については、工業用内視鏡とは をご参照ください。

工業用ビデオスコープが使用されている業界と用途は?

工業用ビデオスコープが使用されている業界と用途

●自動車、航空機、鉄道、船舶分野
 エンジン、油圧部品、噴射ノズル、タービンなどの内部検査
●電力分野
 原子力、火力発電所の復水器、配管、タービンの保守点検
●土木・建築分野
 橋梁のメンテナンス、鉄骨の診断、床下や天井裏の観察
●インフラ分野
 水道、ガス設備の配管の錆、腐食、詰まりの点検

詳しくは、工業用ビデオスコープとは をご参照ください。

工業用ビデオスコープVSX-2000は自社で製造していますか?

当社の事業内容は、以下機器の企画、開発、製造および販売です。
当社は、アップルやユニクロ、キーエンス、任天堂などと同じファブレス経営で、自社では工場を持たず、当社が企画・開発した商品を外部の工場に製造を委託し、当社が販売を行います。

・光学機器
・マイクロスコープ機器
・画像処理機器、研究・開発用解析機器
・測定器、制御・計測機器
・非破壊検査機器

なお、工業用ビデオスコープVSX-2000については、Medical Intubation Technology Corporationで製造した商品を当社が日本の正規販売店として販売およびアフターサービスを行っています。
Medical Intubation Technology Corporationは、台湾にある産業用ビデオスコープの大手メーカーで、180以上の特許を蓄積し、業界をリードするテクノロジーを有しています。

自社開発の商品のみにとどまらず、グローバルな視点で優れた性能の商品を国内外に提供し、高い顧客満足にコミットします。