新着情報

WHAT'S NEW

コラム

デジタルマイクロスコープと微分干渉

今回は、デジタルマイクロスコープで無色透明な対象物を観察する際に重要なテクニックとなる「微分干渉」について詳しく解説しています。微分干渉観察の方法を理解して、デジタルマイクロスコープの導入メリットを最大化するためにご活用ください。


微分干渉とは?

観察対象の厚さに応じて光のコントラストをつける
微分干渉とは無色透明な対象物や、観察用に染色されていない対象物などを観察する際に、光の物理特性を応用した技術によって対象物の視認性を高める観察手法です。
例えば光学顕微鏡で微少な細胞を観察する際、細胞核や細胞壁などを染色して、通常は透明な細胞の視認性を高めることがあります。しかし、これではどうしても対象物を自然な状態で観察することができません。
微分干渉観察を使うことで、微少かつ透明な細胞でも変質させることなく視認性を高めて観察できるというメリットがあります。


微分干渉観察と撮影画像の特徴

対象物の厚みによってコントラストがつく
微分干渉観察では、対象物の厚みの差に合わせてコントラストが生じます。そのため、明暗によって立体感が強調されることが特徴です。

影の付き方に方向性が生まれる
微分干渉は光を利用して画像にコントラストをつける技術であり、微分干渉観察で取得される画像の中では、対象物に特定の方向性を持った影が生じます。

対象物にハロー(光環)が生じない
対象物の視認性を高める手法には、微分干渉観察だけでなく「位相差観察」というものもあります。
位相差観察の場合、対象物の周りに光の輪のような明るい部分(ハロー)が生じますが、微分干渉観察ではハローが生じないこともポイントです。


微分干渉の原理と微分干渉観察の仕組み

光の進む距離の違いを利用した観察手法
透明な物体を肉眼で観察しても、全ての場所が同じように見えるせいで、凹凸をはっきりと確認できないことがあります。
しかし、現実に光が物体を通過(透過)する際は、全ての場所で等しく真っ直ぐに光が通っているのでなく、厚みと屈折率によって進路を変えながら透過しているという点が重要です。つまり、対象物の厚みや屈折率によって光の進む距離に違いがあるということです。
微分干渉は、特殊なプリズム(微分干渉プリズム)によって、光が対象物を透過する際の距離ごとに対象の画像を分解・取得し、さらにそれぞれの画像を、コントラストを変えて合成することで凹凸や厚みの違いを立体的に再現します。

 

※参照元:デジタルマイクロスコープを"観つける"【デジ観る】 (https://www.degimiru.com/)