新着情報

WHAT'S NEW

コラム

デジタルマイクロスコープと共に使用するソフトウェアを紹介

計測機能

2D計測
2D計測では対象物の長さ・面積・幅・角度・半径などの計測が可能。異物混入の発見や観察もできます。
EXCEL転送機能と合わせれば、記録・計測した画像などを、ワンクリックで貼り付けるといった使い方も可能です。
主な用途として、2点間距離・面積・円弧などがよく用いられています。
メッキの切断面の拡大観察において薄膜の測定をする、曲線部の薄膜不良を発見するといった使い方ができます。

3D計測
3D計測では、さまざまな角度から対象物を観察することで、対象物表面の高低差や体積・断面積・粗さなどを計測できます。
立体的な対象物に合わせて深度合成・観察することや、断面形状をグラフ化するなど、情報をまとめることが可能。
表面の細かな傷を測定する必要がある場合や、部品の構造の把握に用いられています。
対象物表面のキズや深さ・粗さなどの計測の表面処理や塗装処理前後の差異の検証にも利用することができます。

自動形状計測 ・ 自動カウント
自動形状計測 ・ 自動カウントでは、金属粒子から動物細胞に至るまであらゆる粒子・細胞等の自動形状計測ができます。
指定した範囲内の自動形状計測や自動カウント、不要な対象物の除外、重なり合う対象物の分離なども可能です。
また、計測したデータから統計データの算出やヒストグラム表示・度数分布表示なども可能。
測定結果はExcelへの転送が可能ですので、レポートの作成が瞬時にできます。
さらに、自動処理機能により、解析対象を抽出した条件を保存しておくことで、同じ抽出条件で異なる対象物を何度でも自動で解析できますので、解析スピードが大幅に短縮できるだけでなく、人によるバラツキをなくした高精度な解析が可能です。


画像連結機能

画像連結とは、ひとつの視野におさまらないサイズの対象物を、複数の視野にわけて撮影し、一枚の高画質画像に繋げることをいいます。
複数枚に渡る高画質画像をつなぎ合わせるため、画質が劣化しない点が特徴。
自動認識による画像の連結をおこなうことで、デジタルマイクロスコープの観察対象を拡大することが可能。
製品によっては、カメラに映像を取り込みながら、画像連結をおこなうことも可能です。


ハレーション除去

ハレーションとは、写真を撮影する際に強く光があたった箇所が、白くぼやけてしまうことです。
デジタルマイクロスコープでは、レンズの光源によってできた金属面の反射光をハレーションといい、ハレーション除去することで見やすい画像にできます。
除去する際は、HDRという機能を使用。HDRは画像の明暗を調整する機能を指し、一般的な画像と比べて見やすい画像をつくる処理機能です。
特に光が反射しやすい金属部品の観察時に役立つ機能です。

 

※参照元:デジタルマイクロスコープを"観つける"【デジ観る】 (https://www.degimiru.com/)